NPO Infusion 文化の発信 

お互いが少しでも今以上に理解し合うことができれば、平和への友好のともし火が引き継がれていくのではないか― 2006年、私達はそのようなことを考えてNPO Infusionを創り上げました。相互関係を深める手段としては身近な媒体として、伝統文化を考えております。日本の長い歴史の中で培われてきた伝統文化は、他に類を見ない完成度の高いものとされているところから、私達はその紹介のためのレクチャーや公演を開催してまいりました。そしてそのようなものを残してきた日本の歴史、自然環境、民族意識にまで興味をもってもらい、初期の目的に少しでも近づくことができればと努力をしております。


活動のご紹介 

maple

今までの活動としてはいろいろありますが、日本でもトップクラスの大鼓(おおつづみ)奏者 大倉正之助、宝生流能楽師 藤井雅之先生等によるカリストガにおける公演の他、サンダンス・カブキシネマでの歌舞伎囃子公演などがございます。また継続活動としては、藤井雅之先生を招請して能舞ワークショップを開催指導しております。鼓は日本の長唄協会会員 望月左武郎先生のご協力により、当地の小学校などで教室を開いております。

2010年は成臨丸のサンフランシスコ寄港150周年に当たるため、企画の一部として成臨丸関連の企画を実行してまいりました。例えばコルマ市の日系人墓地には埋葬されている成臨丸水夫のうち坂出市出身者がおり、この坂出市とサウサリート市が姉妹都市の関係であることから、今年は特に、交換学生や坂出市長に墓参していただき、桜の木の植樹、 サウサリート市で鼓を習っている生徒達の墓前での鼓の演奏奉納もしてもらいました。また成臨丸難航図で知られている鈴藤勇次郎のスケッチ画(早稲田大学所属)展示と、同じく成臨丸に乗船してきた島本善四郎の日記をもとに描かれた紙芝居の公開展示、著名なUCバークレー歴史学教授Andrew Barshay氏によるレクチャーなどを総領事館と共催いたしました。


tsuzumidancetsuzumi
Tsuzumitsuzumiworkshop